2009年08月03日

フレンズ<mean>4-4

【シチュエーション】
アパートの管理人トリーガーを巡るエピソード


続きを読む
2009年07月20日

フレンズ<awkward>4-3

【シチュエーション】
レイチェルの女性上司ジョアンナを巡る会話。
チャンドラー・ジョーイの部屋にレイチェルがお邪魔している場面。
ジョアンナ、チャンドラー初対面の回


続きを読む
2009年06月29日

フレンズ<give 人 a call>4-2

【シチュエーション】
モニカが留守電のメッセージを聞いている場面。
傍に兄のロスがいる。


続きを読む
2009年06月15日

フレンズ<help 〜 out>4-1


【シチュエーション】
先週分の続き。
新しい彼女ボニーと元カノ・レイチェルで揺れるロス。
果たしてどっちの扉を叩くのか・・・
続きを読む
2009年06月01日

フレンズ<get back together>3-25


【シチュエーション】
前回分の続き。
フィービーの説得(?)むなしく、ロスとボニーはますます親密に。
それにつれレイチェルのロスへの気持ちもますます再燃…。
続きを読む
2009年05月18日

フレンズ<terrific>3-24

【シチュエーション】
フィービーはボニーという女友人からロスを紹介されてと頼まれ、元カノのレイチェルの承諾を得て紹介。ところが、レイチェルが“仲良くする2人を見ていられない”ということで、仕方なくフィービーはロスに話しかける。



続きを読む
2009年04月27日

フレンズ<cheat on 〜>3-23


【シチュエーション】
億万長者の実業家ピートと付き合っているモニカ。
他の連中に付き合いで気になることを打ち明けます。
続きを読む
2009年04月13日

フレンズ<connect & pass out>3-22

【シチュエーション】
舞台で共演している女優・ケイトと良い関係になりそうなジョーイ。
デートの様子を翌朝、モニカと話す場面。


続きを読む
2009年03月23日

フレンズ<Here it comes.>3-21


【シチュエーション】
アパートで一緒に暮らすジョーイとチャンドラー。
ヒヨコを飼い始めたジョーイは役者の卵で突発的な仕事が多く、今日もリハーサルが入り世話を同居人のチャンドラーに託しました。
その夜、帰宅した途端また出かけようとするジョーイにチャンドラーは・・・

続きを読む
2009年03月09日

フレンズ<nice meeting you>3-20


【シチュエーション】
レイチェルが働くアパレルのオフィスでの一コマ。
彼女の上司・ジョアンナとチャンドラーも登場。
続きを読む
2009年02月23日

フレンズ<have a crush on 〜>3-19


【シチュエーション】
ロスが元カノであるレイチェルとの関係を一時疑っていた彼女の上司マークとレイチェルの会話。
続きを読む
2009年02月06日

フレンズ<I blew it.>3-18


豪華ゲストの中でもひときわ個性が光るジョヴァンニ・リビシ
フィービーの弟役で登場!
(映画「ギフト」、「ロスト・イン・トランスレーション」などに出演)
【シチュエーション】
フィービーの弟フランクが連れてきたフィアンセは親子ほど年の離れた女性。
フィービーは翻意させようとジョーイとロスに説得を頼むが・・・。
続きを読む
2009年01月16日

フレンズ<figure out>3-17


【シチュエーション】
けんか別れしたロスとレイチェル。
そんな2人の板ばさみで他の4人もストレス過剰。
スキー旅行のドライブ中、休憩所のトイレの前での会話。
チャンドラーだけが変てこなダンス(笑)
続きを読む
2008年12月23日

フレンズ<stop by>3-16


【シチュエーション】
別れを切り出したレイチェル。言ったそばから後悔している。
その、修復を望むレイチェルの留守番メッセージをロスが聴いている。

続きを読む
2008年12月05日

フレンズ<not〜 anymore>3-15


【シチュエーション】
付き合って1年のロスとレイチェル。愛し合っているのに、レイチェルが仕事で多忙になることからすれ違いの連続。

続きを読む
2008年11月18日

フレンズ<can’t help but 〜>3-14


【シチュエーション】
皆が集まっているコーヒーハウスに
いつものフィービーではない歌手が歌っています。
続きを読む
2008年10月31日

フレンズ<run into 〜>3-13



【シチュエーション】
モニカが、少し前に別れやっと吹っ切れたと思ったリチャードと・・・。
今回初めて主役6人が全員出ます。

続きを読む
2008年10月10日

フレンズ<paint a picture>3-12



【シチュエーション】
ジョーイの一人二役ならぬ一人三役!?
扮するは、恋人(レイチェル)を取られそうなロス、
恋敵と目されるマーク、その三角関係?を静観する自分たち。

続きを読む
2008年09月25日

フレンズ<out of nowhere>3-11



【シチュエーション】
ウェイトレスを辞めたレイチェルに救いの手が!?
その話を付き合っているロスに打ち明けるが・・・。

続きを読む
2008年09月02日

フレンズ<I don’t care>3-10

【シチュエーション】
ウェイトレス暦長いのになかなか仕事を覚えないレイチェルが
店長のガンサーから“補習”を受けさせられている。


続きを読む
2008年08月01日

フレンズ<take one’s mind off>3-09



シチュエーション:
皆で近くの公園に行ってアメフトをしようということに。
ところが、チャンドラーだけは乗り気じゃない様子。

続きを読む
2008年07月15日

フレンズ<I’m telling you>3-08



シチュエーション:
ジョーイとチャンドラーが街を歩いていて
ジョーイは何か言いたそうな様子。
チャンドラーは今ジャニスという女性とよりを戻している。
彼女は旦那(「マットレスキング」社長)と離婚したはずだが・・・

続きを読む
2008年06月24日

フレンズ<bottom line>3-07


<BGM>♪Park Bench ♪Boston(@me)
/楽曲情報:http://icaster.jp/


シチュエーション:
付き合っているレイチェルとロスは、ある日
レイチェルの父親と3人でディナーをしたが
父親はロスに冷たい態度を取り続けた。
その翌日の2人の会話。

続きを読む
2008年06月03日

フレンズ<kinda 〜>3-06

【メルマガQ&A】回答
人にとっておきのものを見せるときの「ジャジャーン」。
英語では、ta-da(タダー)となります。


<BGM>♪Park Bench ♪Boston(@me)
/楽曲情報:http://icaster.jp/


シチュエーション:
『フレンズ』お得意のフラッシュバックする(過去に遡る)回。
ロスがキャロルと離婚した真相が明らかに。

続きを読む
2008年05月13日

フレンズ<pick up>3-05


<BGM>♪Park Bench ♪Boston(@me)
/楽曲情報:http://icaster.jp/


シチュエーション:
離ればなれに暮らしていたフィービーと弟のフランクが
生まれて初めて出会い、友達にお披露目する。

解説へ
2008年04月15日

フレンズ<the big deal>3-04

シチュエーション:
チャンドラーと不倫関係にあるジャニスが部屋で会話する一こま。



解説へ
2008年03月25日

フレンズ<It's one's fault.>3-03

シチュエーション:
フィービーが通りを歩いていたら・・・



スクリプト、解説へ
2008年03月07日

フレンズ<it’s not like 〜>3-02

シチュエーション:
ソファを巡ってチャンドラーとジョーイがまたも・・・



スクリプト、解説へ
2008年02月18日

フレンズ<hang out with>3-01

シチュエーション:
ジョーイの部屋でチャンドラーとジャニスがいちゃついている。



スクリプト、解説へ
2008年01月15日

フレンズ<How did 〜 go?>2-24

シーズン2第24話
「元カレの結婚式で…The One Where Barry And Mindy's Wedding」


状況:
コーヒーハウスで皆がくつろいでいるところに
役者の卵であるジョーイが入ってくる。。。

場面:
セントラル・パーク(コーヒーハウス)



スクリプト、解説へ
2007年12月18日

フレンズ<have no idea>2-22

シーズン2第22話「ダブル・パーティ騒動 The One With The Two Parties」

状況:
レイチェルの誕生日パーティでの一こま。

レイチェルの両親が離婚寸前で、2人は呼ばないことにしていたが
事情を知らないモニカがお母さんだけを誘うという勇み足。
おまけに、お父さんまでもが前触れもなく
娘に会いに来たから、さあ大変!

さあ、レイチェルが彼氏のロスとデートから戻ってきますよ!
両親を鉢合わせさせたくない残りの4人はどう対処する???

場面:
モニカ&レイチェルの部屋
チャンドラー&ジョーイの部屋



スクリプト、解説へ
2007年11月23日

フレンズ<赤ちゃんの発育過程>2-20

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第20話「おとぎ話のウソThe One Where Old Yeller Dies」

状況:
ロスにはキャロルという妻がいて、ベンという子供まで授かったが
キャロルがレズだとカミングアウトし2人は別れた。
その後、キャロルは恋人のスーザンと一緒に暮らすようになり
幼いベンも2人で育てている。
(2人の結婚式の回はこちら

今回のシーンは、ロスが2人のアパートに遊びに行ったときのもので
ロスとベンが戯れているところにキャロル&スーザンが戻ってきた場面。

場面:
キャロル&スーザンの部屋



スクリプト、解説へ
2007年11月06日

フレンズ<That's it.>2-19

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第19話「元のさやに戻ろう!The One Where Eddie Won't Go」

状況:
長年一緒に暮らしていたジョーイが引っ越し
チャンドラーは新しいルームメイト・エディと住むようになるが
エディはとんでもない変なやつ!
今朝も気持ちよくベッドで寝ていると、なんだか物音が・・・

場面:
チャンドラー&新しいルームメイト・エディの部屋



スクリプト、解説へ
2007年10月16日

フレンズ<get along with>2-18

シーズン2第18話「初めてのケンカ The One Where Dr. Ramore Dies」

状況:
長年一緒に暮らしていたジョーイが別のアパートに引越し
チャンドラーは新しいルームメイトを招いたが
その新しい相棒との様子が気になるフィービー。

場面:
チャンドラー&新しいルームメイト・エディの部屋



スクリプト、解説へ
2007年09月25日

フレンズ<next time S V>2-16

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第16話「ジョーイの家出 The One Where Joey Moves Out」

状況:
毎度お馴染み、ジョーイ&チャンドラーの掛け合い。
2人がダイニングで一緒に食事を取っているとき
チャンドラーはジョーイのある行動に驚いてしまいます。

場面:
ジョーイ&チャンドラーの部屋



スクリプト、解説へ
2007年09月06日

フレンズ<so what?>2-15

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第15話
「ついに二人は…? The One Where Ross And Rachel...You Know」


状況:
モニカの父の親友 Dr. Burke が自宅でパーティを開くことになり、ケータリングの仕事をコックであるモニカに依頼、フィービーも手伝うことになった。
Dr. Burke は久しぶりに再会したモニカを見て驚く。昔のようなデブではなくスリムな女性に成長していたから。
年上好きのフィービーも Dr. Burke を気に入るが、モニカへの視線が熱いことを悟り・・・。

場面:
Dr. Burke の部屋

* Dr. Burke はゲストスターとして俳優の Tom Selleck が演じています。



スクリプト、解説へ
2007年08月18日

フレンズ<go with 〜>2-14

シーズン2第14話「極秘ビデオ公開 The One With The Prom Video」

状況:
役者が職業のジョーイは金欠なことが多く、今までルームメイトのチャンドラーにかなり借金してきた。
最近、全国ネットのテレビドラマの役が転がり込み懐に少し余裕ができたので、そのお礼として820ドルを返した。
今回はその続きであるジョーイとチャンドラーの会話です。

場面:
チャンドラー&ジョーイの部屋



スクリプト、解説へ
2007年07月11日

フレンズ<secret admirer>2-12

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第12話「スターとデート The One After The Superbowl 1」

状況:
役者の卵であるジョーイは最近、全国ネットのテレビドラマの役が転がり込んできました。
その彼が満面に笑みをたたえてコーヒーハウスに入ってきます。

場面:
コーヒーハウス「セントラル・パーク」



スクリプト、解説へ
2007年06月21日

フレンズ<can’t help but>2-11

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第11話
「レズビアン・ウェディング The One With The Lesbian Wedding」


状況:
ロスの元妻キャロルはレズでそれが原因で2人は別れた。
その後キャロルにはスーザンという伴侶ができ、いよいよ結婚することに。
その結婚式後のパーティでの一こま。

フィービーとチャンドラーの会話に、ある女性が絡んでくる。
(フィービーはついさっきまでローズという老女の霊にとりつかれていた)

場面:
結婚式後のパーティで



スクリプト、解説へ
2007年06月05日

フレンズ<let me finish>2-10

毎回1つの話からスクリプトを抜粋し、会話の頻出表現を解説します。

シーズン2第10話「二人のロス The One With Russ」

状況:
レイチェルにまだ未練たらたらなロスに対して、レイチェルは吹っ切ったことを証明すべく新しい彼氏を作った。
ところがその彼氏ときたら、顔から言葉遣いまでロス(Ross)に瓜二つ。おまけに名前もラス(Russ)という。
その2人がレイチェルを巡って火花を散らすうちにおバカな会話に・・・

場面:
コーヒーハウス Central Perk



スクリプト、解説へ
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。