2012年04月24日

懐かし洋楽で英語力UP(23)−「ベター・シングス」ザ・キンクス(‘81)

懐かし洋楽で英語力UP(23)

Better Things --The Kinks (‘81)
「ベター・シングス」ザ・キンクス


Better Things --The Kinks (‘81)
「ベター・シングス」ザ・キンクス

●曲紹介(wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Better_Things_(song)
●アーティスト紹介(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9

少し前にご紹介した映画 『カオスセオリー Chaos Theory 』

その1シーンで効果的に使われていた曲。

●カナダの街並みと共に


耳に入ってきてすぐ、好きな曲だと分かったのですが
肝心のタイトルとアーティスト名が出て来ない。
(こういうことってよくあるでしょ?)
そこで shazam というアプリを思い出しました。
shazam は、TVやラジオで流れている曲を聴かせるか自分でメロディを口ずさむと
瞬時に曲名とアーティスト名を教えてくれるアプリ。
半信半疑で使ってみると、見事に当ててくれました!

ベター・シングス by キンクス

向こうでは、ビートルズ、ストーンズ、フーと並んで
イギリス4大ロックバンドの一角を担うほどメジャーなのに
日本では知る人ぞ知るって扱いでした。

私も実は、その後ヴァン・ヘイレンがカバーした
You Really Got Me くらししか知らなかったし
キンクスってバンド名(形容詞 kinky には変態の、の意味)の通り
ちょっと一癖ある雰囲気で敬遠していたのです。

●You Really Got Me by The Kinks


●You Really Got Me by Van Halen


でも、この曲だけは、ポップなロックが好きな自分の好みに合致して
当時のお気に入りの1つでした。

これが、この映画の中で使われている場面は
酒場の外で主人公とある男性が喧嘩するところ。
監督がこのシーンで描きたかったことを歌詞が代弁している感じで
ああ、映画っていいな、映画での音楽の存在は大きいな、と思ったものです。

●歌詞
http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Better-Things-lyrics-kinks/1745BB99C248256548256A0A00071EAD

●曲紹介ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/davidwatts0420/30819653.html
●訳詞(すてちです)
http://d.hatena.ne.jp/tatsuyoung/20100317

♪Here's wishing you the bluest sky,
And hoping something better comes tomorrow.
...
Here's hoping all the days ahead
Won't be as bitter as the ones behind you...♪

♪君に一番の青空が、何かベターなことが
明日、来ますように。

これから来る日々が今まで経てきた日々より
苦々しいものでないことを願って。。。♪



【発行元】エクセル英語学院
お気軽に教室までお問い合わせください。

励みになります。応援クリックよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ 英語学習ランキング
ブログパーツ


posted by 英語モノ at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かし洋楽で英語力UP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。