2010年11月22日

「宇宙の彼方へ」ボストン('76)

懐かし洋楽で英語力UP(5)

More than a Feeling−Boston ('76)
「宇宙の彼方へ」ボストン



More than a Feeling−Boston (‘76)
「宇宙の彼方へ」ボストン
(全米最高位6位)

アーティスト紹介(wikipedia)
アルバム紹介(wikipedia)

これを聞いたときは衝撃が走りました。
前奏から曲の世界に引き込まれます。
私の中では70年代洋楽ロック最高傑作の1つ。

ボストンというグループ名でしたが
実質は Tom Sholz(トム・ショルツ)のソロ活動でした。
作詞作曲から編曲、演奏まで、レコーディングに関わる全てを一人でやっていました。
今みたいに進んだテクノロジーがない時代、
当然仕上げるのに多くの時間と労力がかかりました。

この曲が収録されたアルバム『幻想飛行(Boston)』も大ヒットで
1800万枚(全米だけで1700万枚)売れた、とwikipedia にあります。

昔は、アルバムで聴かせてナンボ、の時代でしたから
ジャケットを含めたトータルのアルバムコンセプトが完璧!

いや〜、この重厚感、今のアーティストでは無理。
時代が違うといえばそうなんでしょうが
ほんとにサウンドが色褪せてません。。。

I looked out this morning and the sun was gone
Turned on some music to start my day
I lost myself in a familiar song
I closed my eyes and I slipped away

It's more than a feeling, when I hear that old song they used to play (more than a feeling)
I begin dreaming (more than a feeling)
'till I see Marianne walk away
I see my Marianne walkin' away...

●歌詞の続きはこちら
http://www.lovecms.com/music-boston/music-more-than-a-feeling.html

カラオケの十八番にしましょう!といいたいところですが
歌うより聴く方が似合う曲かもしれません。

ポチッと明日への活力→英語学習ランキング


posted by 英語モノ at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かし洋楽で英語力UP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。